備えよう!100均防災ボトルとモバイルバッテリー

暮らし
本サイトはプロモーションが含まれています

能登半島大地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、心身が回復されることをお祈り申し上げます。

今回の地震で、ご自身または家族の防災について考えた方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。そこでネット情報等を参考に私が構えた防災ボトルを紹介します。

①防災ボトル

私は中山間地域の田舎に住んでいるので、自宅については津波の心配はありません。しかし通勤先は海に近く、今回のような大地震が来たら確実に津波に吞み込まれてしまいます。避難するとなると最寄りの山の上でしょう。また30分かかる通勤途中やプライベートで外出している間に被災することも考えられます。

もし外出先で被災したら、住んでいる自治体以外で避難することになったら…。

ニュース番組の映像には崩れた山や道路・津波で流されていく車・着の身着のままで避難した住民が映され、SNSでは避難所に身を寄せる被災者の情報が沢山アップされています。

そのニュースでたびたび言われていたのが、被災地での衛生問題。不特定多数が出入りする避難所、自身が土埃等を被った状態での避難もあるでしょう。

そこで自分なりに考えて揃えた防災ボトルはこれです👇

中身はこちら👇

②DAISOで買ったもの

今回私がDAISOで買ったのは左上から

除菌ウエットティッシュ(手指用・ノンアルコール)

抗菌&除菌ウエットティッシュ(身の回り用・アルコール配合)

絆創膏

コンパクトタオル

綿棒

歯ブラシ

これらを右のボトルに入れています。

100均一の良いところは、一袋に複数個入っていることです(例えば歯ブラシは4本等)。もともとボトルは2つ持っていたので、写真と同じものをもう一つ構えてカバンと車にそれぞれ備えました。

カバンの中で場所はとるかもしれないですが、そんなに重くはないので腕や肩の負担にはなっていません。

実際どんな形で被災するかは誰にも分かりませんが、もしもの時に役立つかもしれないという安心感につながっています。

③モバイルバッテリー

そして、日頃暮らしの中で大きな存在といえば、スマートフォンですよね📱しかしそれもバッテリーがあって使えてこそ。車で充電もできますが、使えない状態になることも考えてAmazonで購入した小型のNIKYPJモバイルバッテリーを持ち歩いています。

出っ張ったところの蓋を取るとtypeCコネクタになっていて、差し込めば充電を開始します。4800mAhあり1回分できます。またパススルー機能があり、スマホに充電しながらバッテリーにも充電ができる代物です。

多少重さはありますがコンパクトで持ち歩きやすいので、バッグの中で場所をとりません。先日友人たちとの外出先でバッテリーを消耗した際にもこれで充電することができました。

まとめ

  • 防災グッズを構えて携行しよう
  • DAISO(100均)に行けばだいたい揃う(そして安上がり)
  • モバイルバッテリーでスマホの充電器れを防ごう

他にも追加したいものが浮かんだら、その都度少しずつで良いから購入して備えていきましょう。

最後に

皆さん、住んでいる地域や会社の防災訓練にはできるだけ参加して、周囲とのつながりを作っていきましょう!

これは本当に大事で、どこでどうお互いが見守り助け合うようになるか分かりません。また女性や子どもが一人でいるのは危険です。地域で気にかけあう知人がいれば安心につながります。

私が住んでいる地域では、近いうちに大きな地震が起こると言われています。もしそうなれば、高齢の両親や愛犬、近所の方と一緒に避難することになるでしょう。そのときは、皆で力を合わせて一緒に乗り越えていきたいです。

参考になれば嬉しいです😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました